木造金物工法の注文住宅

ホームへ戻る >  タッチパネルとは?  > 木造金物工法の注文住宅

日本で古くから伝わる在来工法のメリットを生かしてデメリットを克服した工法が、木造金物工法という建築工法です。地震が多い日本では、耐震性や通気性などに優れた在来工法は風土にもマッチした建築工法と言われていて、工事にかかる期間やコストが少しぐらい高くても在来工法を希望する家庭は少なくありません。そこで考案されたのが、この木造金物工法。木材で柱や梁などを組み立てたら、建物の強度を高めるために金属製のボルトやナットなどのパーツを使って住宅を立ち上げていく工法です。

木造金物工法は、木造建築の注文住宅では一般的な工法です。ハウスメーカーや工務店などによってこの工法の呼び方もいろいろあるようで、ハイパーフレーム構造、SE構造、GMシステム工法などとネーミングされていますが、これらは全て「木造金物工法」の事です。


この工法は注文住宅には最適な工法とも言われていますが、それは在来工法が持っている高い防災性をそのまま保ちながら、ツーバイフォー工法がもつ広い生活空間も実現しているからかもしれません。在来工法では一定間隔ごとに柱や梁が必要になるため、どうしても開放的な広い生活空間を作る事が難しかったのですが、金属パーツを取り入れる事によって広い生活空間を作り出すことも可能になったようです。また、どんなデザインや間取りにも対応できるフレキシブルな点は在来工法と同じなのも、人気の理由なのかもしれませんね。


木造金物工法で注文住宅を建てる場合、在来工法よりも必要なパーツが増えるために費用が若干高くなってしまうこともあるようです。しかし、工事にかかる期間は短縮されると言うメリットもあります。