木造ツーバイフォーの注文住宅

ホームへ戻る >  タッチパネルとは?  > 木造ツーバイフォーの注文住宅

注文住宅の中でも最近とても人気があるのが木造ツーバイフォーと言う工法です。木造ツーバイフォー工法では、ツーバイフォー(2x4)のサイズの面を使って住宅をパズルのように組み立てていく工法で、従来の在来工法と比較すると工事期間をより短縮できることが大きなメリットです。「面」の組み合わせで作り上げていく木造ツーバイフォーは、在来工法で建てられた住宅と比較すると耐震性などの強度は若干劣る事もあるようですが、最近のツーバイフォーは耐震性をグンと強化したものが多いので、在来工法と変わらない耐震性を持つツーバイフォーの注文住宅なども増えているようです。


在来工法ではある程度の間隔で柱が必要になりますが、面の組み合わせて住宅を作っていくツーバイフォー工法では、家の中に柱が必要ありません。そのため、広く開放的な生活空間を作りたい注文住宅などでは、ツーバイフォー工法が理想的な建築工法かもしれませんね。

あらかじめ決められたパーツを使って家を建ち上げていくツーバイフォー工法は、大工さんや施工業者などはマニュアルに従って作業を行うという特長があります。そのため、施工業者や職人の技術やテクニックにあまり左右されることなく、どの業者に依頼しても同じ完成度に仕上がるのも、ツーバイフォー工法の大きなメリットと言えるでしょう。


ただ、ツーバイフォー工法は住宅の構造を柱や梁などは一切使わずに、全て「面」で支える工法なので、設計やデザインによってはこの工法を採用する事が難しい事もあるようです。