タッチパネルとは?

ホームへ戻る > タッチパネルとは?

木造ツーバイフォーの注文住宅
木造金物工法の注文住宅
賃貸物件と階数
一戸建ての外壁について
省エネサーバーで電気代がお得に

タッチパネルは、画面上の表示を押すことで機器を操作する入力装置です。液晶パネルのような表示装置と、タッチパッドのような位置入力装置を組み合わせてできています。表示が見える状態で、どの位置をタッチしたか判別することが最低限要求されます。直感的に扱えることを要求する機器に主に組み込まれ、タッチスクリーンやタッチ画面などと呼ばれます。タッチパネルを操作者が手で触れたり、専用の「スタイラス」と呼ばれるペンなどで圧力を加え、感知させた情報を外部へ情報信号として出力しています。画面上に表示された部分を、押したり滑らせたりして操作するため、理解しやすく扱いやすい装置を作ることが可能です。マウスやボタン操作に比べ、操作性は大幅に改善されています。

タッチパネルは、金融機関ATMや自動販売機のような、公共性の高い不特性多数が扱うものに多く使われています。また携帯電話やPDA(携帯情報端末)、カーナビゲーションシステム、携帯ゲーム機、コピー機、ファックスなど、様々なデジタル情報機器に使用されています。画面の操作手順を見ながら使用できるため、誰でも扱いやすく、ひとつの画面で多様な操作指示が可能です。小型化も期待されています。しかしながら、画面が汚れて見えにくくなったり、キーボードのように素早く正確な入力がしにくかったり、触覚に頼る視覚障害者の利用が極めて困難などの欠点もあり、音声による指示や物理的な押しボタンとの併用が必須とされています。