レンタルウェディングドレスの選び方

ホームへ戻る >  二酸化炭素の排出量とエコプロモーション  > レンタルウェディングドレスの選び方

貸衣装店でレンタルのウェディングドレスを利用される方も増えています。レンタル商品は限りがありますので、選び方に工夫が必要になります。貸衣装では「サイズが選べない」「好みのデザインがすべて予約品だった」などという経験談が多く寄せられています。旧作の型落ち品でも時代を感じさせないデザインのものが多くありますので、まずは紹介を受けたり試着を行いましょう。


極端なケースになりますが、好みのデザインが入荷するまで結婚式を延期するという方もいるほどです。ウェディングドレスの選び方に固定観念を抱いている方も多く、経費をできるだけ抑えることにこだわっている方に見られがちです。このところでは新しいウェディングドレスの選び方の一つとして「オーダーレンタルシステム」が主流になりつつあります。気にいったデザインで自分サイズのドレスを仕立てていただき、レンタル品として借り受けるというものです。このシステムを利用することで入荷待ちのレンタルドレスも、待つことなく手に入れることができます。貸衣装にありがちな「サイズへの不満」も解消されます。

オーダーレンタルシステムも費用は一般的な貸衣装の価格と同程度です。費用面でのストレスもありませんので、ウェディングドレスの選び方の一つとしてオーダーレンタルを考慮されるとよいでしょう。貸衣装では、場合によっては保険を増額してほしいというような指定もあるようです。素材などにも注目し、レンタル保険の必要性も加味しながらドレス選びをされることをお勧めします。