矯正歯科で親知らずを抜く場合

ホームへ戻る >  二酸化炭素の排出量とエコプロモーション  > 矯正歯科で親知らずを抜く場合

親知らずが生えてくると、矯正歯科で抜かなければいけないことがあります。通常、永久歯は上あごと下あごを合わせて16本、全部で32本あります。このうち、一番最後に生えてくる永久歯を親知らずと言います。第三大臼歯と呼ばれる歯です。昔は、食品を加工せずに食べていたため、あごも鍛えられていました。現代人は、あまり固いものを食べなくなっているため、あごが退化して小さくなってきています。しかし、歯の大きさや本数は、昔とそれほど違いはありません。ですから、最後の永久歯、第三大臼歯がきちんと生えるためのスペースが残されておらず、ほかの歯と同じようにまっすぐ生えてきません。何もなければ放置で構いませんが、曲がっていたり、かみ合わせが悪くなるなど、お口の中に悪影響を及ぼすことが多いです。

スペースがないところに親知らずが生えてしまうと、斜めや横に親知らずが生えてしまいます。このような歯は、歯磨きしても汚れを落とすことが難しく、虫歯や歯周病を引き起こすので、矯正歯科では抜歯が適当と判断します。放置すると、抵抗力が落ちた時に突発的に痛みが生じたり、口を開けられなくなったりします。まっすぐに生えないことにより、手前の第二大臼歯に悪影響を与えてしまいがちです。第二大臼歯の歯磨きが難しくなり、その歯も虫歯や歯周病の原因となってしまい、これも矯正歯科では抜歯が適当と判断します。また、第二大臼歯が押されることにより、歯並びが悪くなるなど、全体にも影響を及ぼしてしまいます。まっすぐに生えていたとしても、かみ合う歯がなければ、向かい側の歯茎まで伸びてしまい、痛みを引き起こすことがあります。