二酸化炭素の排出量とエコプロモーション

ホームへ戻る > 二酸化炭素の排出量とエコプロモーション

矯正歯科で親知らずを抜く場合
がんと漢方薬
貸事務所の種類
口コミで評価されているカバー力
レンタルウェディングドレスの選び方

多くの企業でエコを意識した取り組みが行われるようになった今日では、プロモーションという形で企業の取り組みを紹介して宣伝活動を行っているところもあります。また、消費者側の意識としても、環境に配慮した商品やサービスを選択する傾向が強まり、エコプロモーションが企業の利益につながっていく時代になってきたと言えるでしょう。環境に優しい商品を買うことが、消費者にとっては環境活動に参加する意義を持つようになってきたのです。


そのため、企業では商品の開発を含めた様々な分野で、エコを意識するようになり、それをプロモーションすることで消費者にアピールするようになりました。たとえば、商品ラベルなどに表示された二酸化炭素の排出量であったり、再生紙の使用であったりのマークは大きなアピールになると考えられています。とくに二酸化炭素は、地球温暖化の原因とされて、その排出量が大きな社会的な問題となっています。そのため、多くの企業でその削減目標が掲げられ、それをアピールすることがエコプロモーションにつながるようになっていったのです。

一口に二酸化炭素の削減と言っても、商品生産時に発生するものから、輸送する際のトラックなどの排出量、リサイクルや廃棄焼却の際の排出量など、1つの製品に関連するものだけでたくさんあるのです。それらを全てひっくるめて、二酸化炭素の削減としてアピールすることができるので、多くの企業が自社の取り組んでいるエコプロモーションとしてアピールをするようになったと言えるのです。