拒食症と過食症

ホームへ戻る >  賃貸はよく比較してから決めること  > 拒食症と過食症

拒食症も過食症も摂食障害の一種です。一方は食事をほとんど摂らず、一方は過剰に食べてしまう。まったく正反対のように思えますが、両者の間には非常に密接な関わりがあります。時として両方を繰り返して発症するケースもみられるのです。


一時期に食事をほとんど摂らずに体重が激減してしまい拒食症の症状を見せたかと思うと、ある時点をきっかけに今度は過剰なほどを食事を摂りはじめるという極端な振幅を見せるケースも多いのです。これは精神状態が大きな原因となっていると言われています。不安定な精神状態が極端な行動からまったく反対の極端な行動へと走らせるのです。


また拒食症が過食症の前段階となる場合もあります。一時期食事をほとんど摂らなかった反動が一気に過食症としてあらわれるのです。ダイエット後のリバウンドが極端な形で現れたようなものです。これも精神状態がうまくコントロールできない状況が背景にあります。

失恋など激しいショックを受けた時にこういったケースに陥ることが多いようです。またダイエットで自分を追い詰め続けて拒食症状態に陥ってしまった後に反動という形で過食症状態へと一気に進んでしまうケースも見られます。


このように、拒食症と過食症との間には密接な関わりがあります。短期間で体重が大きく増減するのは決して体によいことではありませんし、繰り返すことでますます精神状態を悪化させてしまうことになります。周囲の人間も含め、早めの段階で対策を行う心がけが必要になってくるでしょう。