部分入れ歯の種類

ホームへ戻る >  賃貸はよく比較してから決めること  > 部分入れ歯の種類

部分入れ歯は現在一番多く適応されている治療法です、全てを取り替えるわけではないので、比較的手軽な治療法だとも言えます。中にはかなり若い方も使用しています。保険適用は可能であり、保険適用のものの他に、保険適用外のものもあります。保険適用外の種類としては、コーヌス・テレスコープ義歯、スマイルデンチャー、ホワイトクラスプ、シリコン義歯、アタッチメント義歯などがあるようです。


特徴としては、様々な保険適用外の治療法もあるのがポイントです。ご自身にどの治療法が適しているかを歯科医との相談の元しっかりと判断するのが適切です。歯が抜けたりして放っておくと隣の歯に菌が付着し、侵食したり、歯肉炎になったりと様々な弊害があります。それを阻止するのが部分入れ歯なのです。装着する方が、比較的若い方も多いということで、周りの知人や親戚の中にも意外に多くいたりしますので、是非とも感想を聞いて見るとよいでしょう。

保険適用、保険適用外と様々な種類がありますが、費用や材質の特性などをよく比較検討して慎重に選びましょう。歯という部分は日常生活では切っても切り離せない相棒のような存在です。一生使用するものですし、毎日使用します。その耐久力、負担はかなりのものになるはずです。自分に合った治療法というのは必ず存在しますので、しっかりと勉強し、歯科医と話し合い最良のものを見つけてください。特に部分入れ歯の場合は、健康な歯にも影響するので、気をつけましょう。