インプラントと虫歯について

ホームへ戻る >  賃貸はよく比較してから決めること  > インプラントと虫歯について

インプラントは失った歯を、人工の歯によって代用する技術ですが、入れ歯のようなメンテナンスが必要なわけではありません。人工の歯と言っても形まで細かくデコボコさせて、本当の歯のように似せているわけではないので、普通に歯磨きをしていれば特別なメンテナンスは必要ないのです。


たとえば、歯が抜けた後にその状態を放置したとしましょう。そうすると欠けた部分に食べ残しなどが溜まってしまい、周囲の歯が虫歯になってしまう原因となることが考えられます。あるいは入れ歯の場合でも、きちんと洗浄を繰り返して使っていないと、やはり虫歯の原因を作ってしまいますし、口内の衛生状態にも大きな影響を与えます。その点、インプラントでは、本来の歯と遜色ない機能を果たしてくれながら、素材が天然のものでないので虫歯になることもありません。また、天然の歯に比べても汚れが付きにくいので、周囲の歯を悪くするようなこともないのです。

歯磨きの仕方としては、インプラントだからといって重点的に磨く必要はなく、普通にブラッシングすればいいでしょう。むしろそれ以外の歯のほうをしっかり磨いてあげないと、ほかの歯もインプラントにしなければいけないといった状況になってしまいます。通常の歯磨きでは心配だという人は、インプラントと天然歯の間などを歯間ブラシなどでケアするようにしておけばいいでしょう。いずれにしても、その他の治療方法よりも虫歯などのリスクが低く、メンテナンスも容易だと言えるのです。