インプラント治療で注意すること

ホームへ戻る >  賃貸はよく比較してから決めること  > インプラント治療で注意すること

インプラント治療は、高度な手術なので医師の技量によって術後の経過などに差が出てしまいます。ですから、まずはどこの歯科で、あるいはどの歯科医師の診察を受けるのかといった部分から慎重に決めなくてはいけません。インターネットなどの口コミサイトを参考にするのでもいいですし、知り合いの評判を頼りにするのもいいでしょう。重要なのは実際にインプラント治療を受けた人の評価なのです。


なぜそれが重要になるかというと、インプラント手術の失敗例として考えられるのが、人工歯根の植立における失敗なのです。これは手術自体の失敗と言うよりも、事前の診断の失敗だと言えます。つまり人工歯根を埋め込むための骨の状態を見誤ったからだと言えるのです。骨が硬すぎたり、逆に柔らかすぎたり、細すぎたり、成長しきっていなかったりといったことが原因で、手術をしてもきちんと植立できないといったことが考えられます。

また医師の技量不足そのもので、神経や血管に傷をつけてしまうといったことも考えられます。ですから、前述のとおり、まずは医師の選択の部分が重要になってくるというわけです。実際に、術後の経過がよくない場合は再手術を行うケースもありますし、数年経過した後に噛み合わせなどによって不都合が生じるケースもあります。長期間使用した後の不具合は、インプラント自体の寿命が原因の場合が多いですが、なかには設計ミスといったケースも存在するので、まずは担当医に相談するのがいいでしょう。