結婚祝いに品物を贈る場合の相場

ホームへ戻る >  賃貸はよく比較してから決めること  > 結婚祝いに品物を贈る場合の相場

結婚祝いに品物を贈る場合の相場も、贈る相手との関係によって違ってきます。お金を贈ったから品物は贈らなくてもいいというわけでもなく、一緒に贈るケースもあれば、品物だけにするケースもありますから、相手との関係によって色々です。まずは親族や親せきのケースから見ていきましょう。身内が結婚するわけですから、格のあるような品格ある高級なものや上質なものがいいでしょう。祖父母からのお祝い、両親からのお祝いという場合には5万円から10万円の間で、インテリアを贈ったり家具や家電、寝具などをプレゼントするケースが一般的には多いでしょう。兄弟の場合には、品物の相場は3万円から5万円程度で家電やキッチン用品が多いでしょう。親戚の場合には相場的には2万円前後の食器が人気ですが、親族や親せきの場合には身近ですから欲しいものを聞いてプレゼントするといいでしょう。

次に友人や同僚の結婚祝いの場合ですが、実用的なものを贈ると喜ばれますし、相手が楽しめるようなものを記念に送っても喜ばれるでしょう。値段の相場は1万円から2万円とされています。相手の好みを配慮したり、好きなデザインなどを配慮して贈るようにしましょう。


会社の上司や部下への結婚祝いの品物の相場としては、個人で贈るというよりは、その部署のメンバーやグループの連名で贈ることが多くなりますから、高価なものを贈ってもいいでしょう。有名なブランドの食器セットやテーブルウェアなどが喜ばれます。