歯列矯正中に起きる問題

ホームへ戻る >  リフォーム業者選びのコツ  > 歯列矯正中に起きる問題

歯列矯正は長い期間を要する治療なので、その間にいろいろな問題が起きることがあります。治療器具が壊れたり、ずれたりといった場合は、根本的な問題なのですぐに担当の歯科医に見てもらう必要があるでしょう。しかし、そうではなく自分で対処できるものは、知識として知っておく必要もあるのです。


たとえば、歯列矯正を始めたばかりの頃に生じる歯の痛みです。これは歯に力を加えて矯正するのが目的なので、誰にでも起きることだと考えていいでしょう。あまりひどいようだと鎮痛剤を処方してもらう方法もありますが、3日くらいで治まるものなので、柔らかい流動食などをとるようにして対処しましょう。

次に虫歯の問題についてです。歯列矯正用の治療器具をつけていると、どうしても歯磨きがしづらいという問題が生じます。そのため、歯間ブラシというワイヤーと歯の間を磨くことができる歯ブラシがあります。普通の歯磨きに加えて、この歯間ブラシを使うようにして虫歯を予防するようにしましょう。あまり力を入れすぎると、ワイヤーと歯の間の隙間が大きくなってしまうので注意が必要です。


また、虫歯の他にも、歯列矯正中に口内炎ができやすいという人もいます。これはブラケットなどの矯正器具の金具の刺激によって炎症が起きてしまうのです。症状は普通の口内炎と同じですので、塗り薬などで処置をすれば1週間ほどで治るはずです。あまり頻繁にできるようならば、金属アレルギーの場合も考えられるので医師に相談してみるのがいいでしょう。