歯列矯正中の食べ物について

ホームへ戻る >  リフォーム業者選びのコツ  > 歯列矯正中の食べ物について

歯列矯正の治療をしている間は、ブラケットなどの治療器具を装着していなければいけません。そのために、それまでと同じような食事を続けるわけにはいきません。粘着性のある食べ物は、ブラケットが取れてしまうことも考えられますし、歯磨きがしにくいので虫歯になりやすくなってしまいます。


よく言われているのが、おかゆや豆腐などの柔らかい食べ物を中心とした献立にすることです。とくに歯列矯正を始めたばかりの頃は、ワイヤーで固められた歯が痛むことがあるので硬いものなどを食べることが困難な時期なのです。ですから、前述のおかゆや豆腐の他にも、うどんやゼリーといったもので栄養を補給するようにしましょう。

逆に歯列矯正中に食べることを避けたほうがいい食べ物もあります。キャラメルやお餅のような歯にくっつく食べ物と、ネギなどの歯にからみつく食べ物です。問題となるのは、やはり治療器具にくっついたり、隙間に入り込んでしまうことでしょう。キャラメルなどを食べていて、歯の詰め物が取れてしまったという経験をしたことがある人も多いはずです。それと同様のことが歯列矯正のブラケットでも起きることがあるのです。


直接外れたり、壊れたりといった被害がなくても、ワイヤーの隙間や歯の奥にへばりついてしまった時に、丁寧に歯磨きをしても取り除けないことがあるのです。ですから、粘着性のあるものや硬いものなどを食べるよりも、栄養を他のもので取るようにしたほうがいいのです。