口内炎治療は歯医者でできる

ホームへ戻る >  リフォーム業者選びのコツ  > 口内炎治療は歯医者でできる

一度できてしまうと、食べ物や飲み物が沁みて痛みを感じるつらい口内炎。口の中にできるものだけに、食事が患部にあたるなどして痛いだけでなく、なかなか治らずにつらい思いをしたという経験を持つ方も、たくさんいらっしゃることでしょう。そんなつらい口内炎ですが、この口内炎ができる原因やメカニズムは未だにあまり詳しいことが分かっていないのだとか。そのため、確固たる予防法と言えるものはないというのが実情です。でも痛みを伴うつらい口内炎は、一刻も早く治したいですよね・・・。それなら、歯医者で治療してもらうという手がありますよ!

先ほど、できる原因やメカニズムが分からないと述べた口内炎ですが、じつは合わない入れ歯や削れて鋭くとがってしまった歯、噛み合せの不合などが口内炎の原因となる場合があります。そのため、まず口内炎で悩んだら歯医者を受診するのがベスト。歯の状態をちゃんとチェックしてもらえますし、こうした噛み合せの不合などが原因でない場合にも、きちんと口内炎の治療を受けることができます。治療方法としては、まず口内の環境を清潔にし、ステロイド剤や抗菌剤などの軟膏を患部に塗るという方法が一般的になっています。それに加えてしっかりとした食事や睡眠を取ることで、大体は1~2週間で治るはずです。


このように口内炎治療は歯医者でできますが、予防のためには睡眠不足を解消してストレスを軽減させるなどの体調管理や、タバコの吸いすぎや口内の温度刺激への注意、口の中を清潔に保つことなどが重要です。それでもできてしまった口内炎は歯医者で早めに治療を受け、つらい症状を緩和させながら早期治癒を目指しましょう。