今話題のキシリトールって何?

ホームへ戻る >  リフォーム業者選びのコツ  > 今話題のキシリトールって何?

キシリトールという言葉を聞かれた方も多いと思います。キシリトール入りのお菓子や紅茶やジュースまで、さまざまなものが市販されています。これは白樺や樫等の樹木から採れる、キシラン・ヘミセルロースを原料とする天然の甘味炭水化物です。このキシリトールは、砂糖と同じぐらい甘みがあるのに、いくら摂取しても虫歯にも肥満にもなりません。虫歯になって歯科に行くのは避けたいがケーキやお菓子は食べたいあなたにピッタリの甘味料です。


虫歯は甘いお菓子など糖分を多く含む食べ物を、ミュータンスなどの虫歯菌により糖分が分解されて酸や毒素を作りだし歯を溶かします。それが虫歯の原因です。虫歯になれば歯科に行かなければなりませんが、このキシリトールは虫歯の元になる歯垢を作りません。また習慣的にキシリトールを取ることで次第にミュータンス菌の活性が失われ、ミュータンス菌の増殖を抑制してミュータンス菌の数も減少します。キシリトールの働きはそれだけではありません。

たとえば、ミュータンスなどの虫歯菌が作った酸により歯の表面のカルシウムが溶けてしまった場合でも、キシリトールの摂取によってカルシウムが再石灰化し、歯を元の健康な状態に戻してくれる驚異の味料です。またキシリトールはミュータンス菌以外の細菌にも効果があり、口の中のいろいろな細菌による感染症も予防します。さらにキシリトールは唾液の分泌を促進するので、虫歯の予防や口の中の健康にもとても大きな役割を果たしています。ただしすでに虫歯になってしまった箇所は歯科での治療が必要です。