省エネと今後の建築

ホームへ戻る > 省エネと今後の建築

不動産の基本は土地の選び方
注文住宅の相談は誰にしたらいいの?
マイホームとコスト削減
工務店の技術
工務店はカタログを活用しよう

地球温暖化現在、世界中で大きな問題となっている“地球温暖化”ですが、その対策方法もいろいろと考えられています。建築業界でも可能な限り省エネ、エコなどに重点を置いており、これなしでは建築業としては成り立たなくなるほどです。日本でもさまざまな地球温暖化対策を行っており、特にCO2排出量削減にとても力を入れています。また、地球温暖化防止のためのCO2排出量削減を一般家庭でも行うために、さまざまな工夫を凝らした住宅作りを行っています


またある一定の要件を満たす省エネ改修工事を行うと、固定資産税が減額される特例措置が出ています。これにより省エネのための住宅作りが行いやすくなりました。これは一般の方はもちろん、建設業から見ても嬉しいポイントです。省エネの補助制度が適用される条件は以下の通りです。

条件1・・・平成20年1月1日以前から所在している賃貸以外の住宅であること

条件2・・・平成20年4月1日から平成25年3月31日までにエコに関する、下記の部分を含んだ建築、または改修工事を完了した住宅であること

・窓の断熱工事、床の断熱工事、天井の断熱工事、壁の断熱工事、または建築した

条件3・・・建築・改修箇所が国で定められている省エネ基準に適合していること

条件4・・・省エネの建築・改修工事費用のみだけで、30万円を超えていること


こういった特例が出来たということは、今後も省エネとは切っても切れない関係になっていくと予測できます。