不動産の査定根拠までお伝えするのは後藤工務店

不動産不動産の価値を知るために行なう作業は「査定」と呼ばれます。ただし、査定額=不動産の資産価値というわけでは必ずしもありません。不動産は「一物四価」といわれ、四つの価格を持っています。即ち、公示価格、相続税評価額、固定資産税評価額、時価、という四つの側面(価格)を有しています。


このうち「時価」が実際に売買する際に基準となる価格で、残りの3つは主に税務に関する価格です。通常の査定とは、時価を算出するために行なわれます。では時価はどういった要素を基に算出されるのでしょうか。

築年数、間取りといった要素は誰しもすぐに考え付くと思います。加えて、日当たり、眺望、建物の外観、道路との接道状況、手入れが行き届いているか否か、隣家との位置関係、不動産市場の動向など様々な要素が査定に影響します。また、査定には高度な専門知識を要するため、一般の方にはなかなか判断の難しい要素でもあります。


比較的容易な査定方法としては「比較事例法」が挙げられます。これは近隣の似たような物件で、最近取引された事例を基に価格を算出する査定方法です。比較する対象さえ見つかれば、不動産に関する専門知識がなくても、ある程度の査定額を導き出すことが可能です。


査定額は業者によって異なります。その差額は数万円程度の場合もあれば、数百万円に及ぶ場合もあるようです。査定の精度は鑑定する業者の見識によるところが大きいので、業者選びは慎重に行なう必要があります。